歴史・文化

芦田地域が生んだ俳人・細見綾子

細見綾子は明治40年3月31日に青垣町東芦田に生まれました。
細見家は江戸時代からの名家で、父の喜市は芦田村の村長を務めた人物ですが、綾子が13歳の時に病気で亡くなります。
その後、柏原高等女学校を卒業した綾子は、日本女子大学国文科に進学し、昭和2年に同校を卒業した20歳の頃、東大医学部助手の太田庄一と結婚。日本女子大学の図書館に勤務しました。

しかし、昭和4年1月に夫・庄一が突然病死し、綾子は郷里の丹波に引き揚げます。そして同年4月23日には母・とりが亡くなり、度重なる不幸による心労からか、同年の秋に肋膜炎になります。病気の療養をしていた際に倦鳥派の俳人でもあった医師・田村菁斎の薦めで俳句を始め、その後、俳人・松瀬青々に就いて本格的に俳句の道へと入りました。

戦後、昭和21年5月、沢木欣一主宰の雑誌「風」が創刊され、綾子は同人となります。その翌年の11月に沢木欣一と再婚しました。
その後も俳句の創作活動を続け、昭和40年には母校・芦田小学校校歌の作詞を手掛け、昭和56年には勲四等瑞宝章を受章し、また昭和59年から一年間、NHK教育テレビで趣味講座「俳句入門」の講師を務めるなど活躍し、平成9年9月6日に90歳でこの世を去りました。

*問い合わせ先:丹波市観光協会

13のお宮ネットワーク

丹波・東芦田は、芦田川沿いに広がる全長約4kmの細長い集落です。
喜多は京都府福知山市へと連絡し、京都から都文化の要衝地であったと考えられます。
このためか、集落内にはいわれの深い13のお宮が存在し、各隣保の心の拠り所として位置づけられています。
しかしながら、最近の生活様式の変化等から、お宮さんと隣保の関係性が希薄になってきていることを憂い、丹波・東芦田では「みっけ隊」を組織し、集落遠足と銘打って季節の良い時期にお宮散策を行っています。

泉端神社 高座神社 山神社 稲荷神社 地神社
大神神社 愛宕神社 須賀神社 三柱神社 八幡神社
芦田神社 御霊神社 少将神社 ※順不同

「東芦田みっけ隊」でお宮を探訪

名工・綿貫重吉の作(高座神社)

胎蔵寺(いぼ水さん)

瑞雲寺

丹波市最古の灯篭

瑞雲寺の灯篭

地域資源

丹波 東芦田ってこんなトコ

関連情報・リンク

丹波・東芦田ブログ
丹波市観光協会
人と自然の博物館

(c) 2008 TambaCity_Higashiashida All Rights Reserved.